CSSをマスターして見やすいサイト作りを心がけよう!

見やすいサイトはCSSを必ず駆使している

サイトのカラーリングが統一されている、文章の大きさや行間隔が整っている、次に進む操作がしやすいなど、見やすくて使いやすいサイトにはあらゆる工夫がなされています。その工夫をwebページで実現しているのがCSSの技術です。
ご自身でホームページを作ったことがある、あるいは勉強したことがある方はご存知の方も多いと思いますが、webページはHTMLとCSSで構成されています。HTMLは文書構造を定義するのに対し、CSSはHTMLの見栄えや体裁などのデザインを整えています。これはwebページを作成するための仕様であり、見やすいサイトは必ずこの仕様に則って作成されているといえるでしょう。過去にはHTML自体に装飾を施す記述を行う例もありましたが、文書量が肥大化し情報がブレるため、この方法は現在では推奨されません。

見やすさだけじゃない、トレンドも兼ね備えたCSS

CSSはwebページの上下余白や文章表示の体裁、カラーリングなどで見やすいサイトを実現することができますが、それだけではありません。web技術の進化によって、CSSで可能なことはどんどん増えています。
CSSで可能なトレンド技術のひとつにアニメーションがあります。例えば、オブジェクトに対してマウスカーソルを合わせるとじんわり色を変えたり、写真にカーソルを合わせると丸く収縮させたりと、おもしろくてリッチな動きもCSSで表現することが可能になりました。インターネットに慣れてきたユーザーは、訪問するwebサイトが自身にとって有益なものか瞬時に判断する目も養ってきています。ユーザーが見やすくわかりやすい、そしてリッチなコンテンツを実現するために、今後もCSSは進化していくでしょう。