HTMLの次はCSSにチャレンジしよう!

CSSはHTMLとセットで覚えよう

HTMLを勉強中のみなさんは、わからないことはありつつもwebページを作るのは楽しい、という心境でいらっしゃることと思います。そんなwebページ作成をもっと楽しくするテクニックがCSSです。
CSSはCascading Style Sheetsの略称。HTMLは基本となる文書構造を記述しますが、HTMLに装飾を施すのがCSSの役割です。webサイトの歴史がはじまった当初はHTML自体に文書構造と装飾をまとめて記述する方法もありましたが、現在の仕様ではHTMLで文書構造を記述する、CSSで装飾スタイルを記述する、という役割分担での作成方法が推奨されています。
HTMLを勉強している方ならCSSの記述方法も簡単に覚えることができます。どちらも意味の通る記述方法のため、プログラム言語よりもわかりやすいことが特徴です。webページ作成の際には必ずと言ってよいほどCSSを使うことになりますので、HTMLとセットで覚えていきましょう。

CSSはアニメーション効果も表現できる

CSSはwebサイトの装飾を施し、デザイン性の高い表示を実現します。HTMLを勉強中の方はお気づきかもしれませんが、どんなに優れたwebサイトであっても、HTMLだけ見れば単純な文章の記述に過ぎないのです。コンテンツの上下余白間隔、文章の行間、フォントの指定、背景色の設定などは全てCSSによるもの。サイトを整然に保つ役割を担っているのがCSSです。
CSSは基本的な装飾に加え、アニメーション効果を加えることもできます。例えば、オブジェクトにマウスカーソルが当てられたときに色や形を変化させることができます。ほかにも、グラデーションやボールが弾むような効果を生み出すことも可能です。みなさんがよく目にするスマホサイトのハンバーガーメニューの動作も、内容によってはCSSだけで実現することができます。
CSSのインタラクティブな表現はユーザーの好奇心を刺激し、サイトの使いやすさやアクセス数増加に繋がります。HTMLを覚えたらCSSにもぜひチャレンジしてみてください。