サイトを作りたい人は必見!CSSでお洒落なデザインにしよう!

なぜCSSはお洒落なサイトに必要なのか

サイトを作りたいと考える方のなかには、HTMLの勉強に励んでいる方も多くいらっしゃるでしょう。webページ作成のために、HTMLとセットで覚えてほしいのがCSSです。
CSSとはCascading Style Sheetsの略称。HTMLは文書構造を記述しますが、見栄えやデザインを施すのがCSSの役割です。HTMLを学んでいる方ならすでにお気づきかもしれませんが、どんなにお洒落なサイトでも、HTML自体は文章の骨組みだけしか記述されていません。フォントの種類や大きさ、文章の行間、コンテンツの上下余白間隔など、デザイン面での表示を細かく指定しているのがCSSです。
webサイトには、ユーザーが使っていてわかりやすい使い勝手の良さが求められています。その要求を満たすために、CSSはwebサイトのデザイン面での体裁を整えています。

CSSでインタラクティブなサイト作りを

CSSはデザイン面での体裁を整えるだけでなく、ユーザーを楽しくさせる数々のインタラクティブな機能をサポートしています。
その一つがアニメーション効果。例えば、オブジェクトにマウスカーソルを合わせるとじわっと色を変えたり、バウンドするような動きをつけたりすることができます。四辺形の画像の上にカーソルを合わせると、丸く変形させたり、回転させたりすることもできます。
このようなアニメーション効果は、少し前まではjavascriptにより表現されてきました。しかし、CSS3の実装が進み、プログラム言語がわからなくてもCSSで表現できる効果が多く登場しています。近年、インターネットにユーザーが慣れてきたこともあり、より使いやすく飽きさせないお洒落なサイト設計がwebサイトには求められています。webサイト作成者にとってCSSをマスターすることは、良質なコンテンツを生み出すうえで必須の能力といえるでしょう。