CSSは難しい?そんなことはありません!

HTMLは覚えたけどCSSは複雑そう…

一見CSSの記述はHTMLと全然違うように見えますが、ほんの少し書き方が違うだけで基本は同じなので基礎知識が流用できます。例えば文字列を赤色に変えたい場合、HTMLでは「<font color"red";>」という記述をしますが、CSSでは「<font style="color:red;">」と記述すると同じことが出来ます。同様にフォントの種類を「MS ゴシック」変更したい場合、HTMLでは「<font face="MS ゴシック";>」という記述をしますが、CSSでは「<font style="font-family:MS ゴシック;">」と記述することで同じことができます。
このようにどちらも同じような感覚で使えるので、HTMLを覚えているならCSSはすぐに使い始めることが出来ます。

CSSの便利な使い方

上記を見て「HTMLとほとんど同じならCSSを使わなくてもいいのでは?」と思うかもしれません。確かに例に挙げた使い方ではCSSの価値はあまりありません。しかしCSSはページ全体のデザインを指定できるという便利な使い方があるのです。
例えばページの文章中に何度も「文字を大きくして赤い色をつける」という効果を付けたい時、HTMLでは効果を付ける度にその個所にタグを書き込まなければいけませんが、CSSを使って<head>内に例えば「<p>」に「文字を大きくして色を付ける」という効果を持たせておけば、以降その個所を「<p></p>」で囲むだけで同じ効果を与えることが出来ます。これだけならコピー&ペーストをすれば手間はさほど変わらないのですが、後に色を赤から青に変えたくなった時などデザインを変更する場合、CSSならば<head>内の記述を1つ修正すればページ全体に効果が及ぶので編集が非常に楽になるのです。